【絶対得する!】ブランド買取店の査定員との交渉術まとめ

ブランド買取店との交渉まとめ

ブランド品の買取を依頼する場合、少しでも高い査定額を付けてもらうために、査定員との交渉をしましょう。

1円でも査定額を高くするためには査定員との交渉がポイントにるので、提示された査定額に素直に従ってはいけませんよ。

管理人

ブランド買取の現場で価格交渉は日常です。勇気を出して交渉しましょう!

査定員に対する交渉について

ブランド品を売却する場合、ただ提示される査定額に納得をするのではなく交渉をしましょう。交渉次第で査定額アップが見込めます。交渉には3つのポイントがあります。

・買取希望額の具体的な数字を提示する
・付属品をそろえる
・ブランド品の状態を正直に答える
・エラそうな態度をとらない

 

買取希望額の具体的な数字を提示する

買取店では、査定をする前に希望する買取金額はありますか?

と尋ねられる場合があります。

この時に、「高ければうれしいです」などとあいまいなことを言うのではなく、きちんと希望する査定金額を提示しましょう。

いきなり買取店に行って希望する金額を聞かれても具体的な金額をこたえることはできないので、自分が買取を依頼しようとしているブランド品の買取査定額はいくらになるのか下調べをしておくと良いですよ。

買取店によってはメールやLINEで品物の写真を送ると、大体の査定額を提示してくれるところがあります。

比較をしているブランド品買取業者の特徴比較

そうするとあらかじめ相場を知ることができます。

付属品をそろえる

ブランド品を買取に出す場合、購入時についていた付属品も一緒に買取依頼に出しましょう。

付属品がつくことでブランド品の価値が上がるので、査定額がアップしやすいですよ。

逆に、付属品がないと査定額が下がってしまうことに。付属品の有無で査定額が変わってくることを覚えておきましょう。

シャネルの靴と服の買取シャネルのブランド品買取で高額査定をゲットするコツ

ブランド品の状態を正直に答える

ブランド品の状態は正直に答えることもポイントですよ。

ブランド品はいつ頃、どこで、いくらで購入したのか、など詳細を聞かれるので、きちんと答えましょう。

査定員がしてくるこれらの質問は、査定額を出すのに大切なことなので、尋ねてくるのです。

あいまいに答えてしまうと査定額のアップにはつながりませんよ。

また、少しでも査定額を高くしたいと思ってブランド品の状態の実際よりもよく答えてしまう人もいます。

購入時期をごまかしたり使用頻度をごまかしても、多くのブランド品を鑑定してきている査定員の目はごまかせませんよ。

嘘をついてごまかすよりも、正直に答えた方が好印象を持たれるので、品物に関する正しい情報を答えましょう。

エラそうな態度をとらない

査定員に対してエラそうな態度をとらないことも大切です。

お店の店員さんに対してエラそうな態度を持ってしまう人がいますが、エラそうな態度をとるお客さんに対して定員さんは嫌な気持ちしか持ちません。

買取店でも同じです。

査定員も嫌な態度エラそうな態度をとる人の商品はできれば買い取りたくないと思うでしょう。

その気持ちが査定額に影響してしまうこともあります。査定額を上げてほしいと思うのであれば、気持ちの良い取引ができるようにしましょう。

管理人

笑顔で取引を終えられたら最高ですね

交渉のタイミング

交渉のタイミングは買取店のシステムによっても異なります。

出張買取の場合には、自宅に査定員が訪問してきてくれます。

ブランド品の値段など質問されるときに、希望査定額を聞かれるので、その時に希望する具体的な数字を提示しましょう。

1点だけを買取に出すのではなく「複数のブランドをまとめて買取依頼すると査定額がアップできます」という買取店もあります。

不要なブランド品があり買取を検討しているものがあるのなら、一緒に買取依頼をすると査定額アップが期待できるかもしれませんよ。

これとこれも買取に出すので、査定額をもう少し上げてほしいと交渉できます。

持ち込み買取の場合には

持ち込み買取の場合にも出張買取と同じように対面となるので、希望する査定額を聞かれたときに具体的な査定額を提示します。

買取店の利用は今回が初めてだが、ほかにも不要なブランド品があって、利用する可能性があることを伝えれば、査定額に多少色を付けてくれる可能性がありますよ。

宅配買取の場合には

宅配買取の場合には、電話を掛けることができるのであればブランド品について詳しい情報を提示したり、希望する査定額を伝えればよいです。

電話での対応がかなわないときには、ブランド品を箱に詰める際に、ブランド品の状態や希望する査定額を記入した紙を添えておくといいでしょう。

また宅配買取の場合、一度査定額が出たときに、もう少し査定額を上げてほしいことを伝えて再査定をお願いすれば多少は査定額が上がる可能性も。

ただし、どんな買取店でも必ず再査定に応じてくれるわけではないので注意してください。

 

>>ブランド品の宅配買取が高い会社まとめ

査定額アップの基準

提示された査定額に納得がいかない場合、再査定をお願いすることになりますが、大幅な査定額アップは期待できません。

アップできたとしても査定額の1割程度です。

マックスでも2割程度です。はじめに提示された額の2割アップしていると、買取店側が頑張ってくれた証拠なので、それ以上査定額アップを希望しても難しいです。

また、再査定をしても全く査定額が変わらないところもあります。

 

管理人

まずブランド品の買取価格が高い会社を調べておきましょう

 

>>ブランド品の買取業者の査定額の比較まとめ

少しでも高い査定額を出してもらうために

少しでも高い査定額を査定員から出してもらうためには下準備が必要ですよ。

・ブランド品をきれいにする
・貴金属は箱と保証書を準備
・希望額に応じてくれたらそれ以上は金額アップを期待しない

ブランド品をきれいにする

ブランド品を買取に出す場合、いったんきれいにしてから買取依頼に出しましょう。

不要になったブランド品は長年使っていないために誇りがたまっていたり、汚れがそのままになっています。

乾いた布で拭いたりほこりやごみを取り除いて、きれいな状態にして買取店に買取を依頼しましょう。

査定員も汚れてほこりがついているままのブランド品よりもきれいにしているブランド品の査定額を上げたいと思うものです。

貴金属は箱と保証書を準備

ブランド品を買取に出す場合、購入時の箱などが無くてもかまいませんが、貴金属の場合には、箱や保証書が必要です。

ブランドの時計や宝石であっても箱や保証書がないと査定額が安くなってしまいます。

保証書や鑑定書があることで、本物であることを立証しているのです。

忘れずに買取店に出しましょう。

管理人

保証書などがあると査定時間の短縮にもつながりますよ

希望額に応じてくれたらそれ以上は金額アップを期待しない

希望の査定額を提示し、その査定額に近い金額を提示してくれたらそれ以上の査定額アップは期待できないので、再査定をお願いしますとしつこく食い下がることはしない方が良いです。

査定員は無理をして希望額に近づけてくれているので、買取に納得した方が気持ち良いでしょう。

今回の買取で好印象を持たれると次回利用するときに、査定額をおまけしてくれる可能性が高いので、いやな印象を残すことなく取引を終えた方が良いですよ。

 

まとめ

ブランド品の買取を依頼する場合、少しでも高い査定額を付けてほしいと誰でも思うものです。

しかし、買取店もボランティアで行っているわけではないので、付ける査定額にも限界があります。

利益がなくなるほど高い査定額を付けることはありません。

複数の買取店に見積もりを出せば、ブランド品の相場がわかるので、相場を把握したうえで査定額の交渉をするとよいです。

あまり無理を言わず、お互いが妥協できる査定を導きだすと気持ちよく取引を終えることができますよ。

 

不可のサインを送る女性 ブランド買取店で買取が不可となるもの。ショックを受ける前に知っておきたい   宅配買取で梱包中のブランド品 【ブランド品買取】宅配買取とその他買取方法との主な違い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です